こんにちは!

 

先日、サクラマスをルイベで食べあまりのおいしさにびっくりした飼育員ヨーイチです。

 

皆様、水族館のライブ配信はいかがでしょうか??癒されたり楽しめて頂けたら幸いです。

 

6月になりました!!フィールドに行きたいですが、注意事項があります(釣りの話になります)。毎年同じですが念のため........。

ヤマメです。ヤマベと呼んでいる事もあります。サクラマスの陸封型であり、ヤマメが海へ下り成長したものがサクラマスになります。ヤマメとサクラマスは同種です。北海道ヤマメ禁漁期間が定められており、上川・空知・石狩・後志・檜山・渡島・胆振の各振興局管理区内の内水面では4月1日から5月31日まで、日高・十勝・釧路・オホーツク・宗谷・留萌の各振興局管理区内の内水面では5月1日から6月30日までとなりますのでご注意下さい。禁漁期が別れているのは、ヤマメが海へ降る時期が異なっている為です。また、北海道全域での内水面の【マス】【サクラマス】【カラフトマス】【ギンマス(ギンザケ)】【ベニマス(ベニザケ)】【マスノスケ(キングサーモン)】の採集も禁止ですのでご注意下さい。どちらも例外もありますが、、、。大切な生き物が末永く存在できるよう守るためご協力お願いいたします。詳しくは北海道のHPの『フィッシングルール2021』をご覧になって下さい。

特に海サクラマス釣りに関しては、6月1日より追加で河口規制がかかる河川もあるので要注意です。又、禁止魚種を釣ってしまいリリースしたとしても既に「針にかけた」ため、違法行為に該当します。ご注意ください。

最近、釣りブームらしいですが、SNSやネット上で見かけますが産卵のために帰ってきたサクラマス(サケも同様)獲ってはいけません。子孫を残すために一生懸命海から川に帰ってきた彼らをそっと見守ってあげてくださいね。又、釣り場にかなりのゴミが見受けられます。ゴミは持ち帰って下さいね。よろしくお願い致します。

釣りを計画されているなら、一度釣り場の情報を確認してみて下さい。もしかすると、「去年までは大丈夫だったのに今年からは禁止になっている。」なんて場合も十分にあり得ます。ルールを守らないとこの先、今以上に禁止場所が増えたり、もう自由に釣りができなくなる日も訪れることでしょう。

 

さて、現在水族館は臨時休館中(6/5時点)ですが、これから夏のシーズンを迎え四季の水槽ではヤマメなど渓流魚を多く展示していく予定です。お楽しみに~

 

それではこの辺で失礼いたします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう