日本最大の淡水魚イトウが巨大な水槽を泳ぎまわる。

最大2メートルにもなる日本最大の淡水魚イトウは、現在では北海道の一部でしか生息が確認されていません。

体長が1メートルになるのに15年の歳月がかかるイトウですが、北の大地の水族館では温根湯の地下水で約20匹の1メートル級のイトウが育っています。